車の下取りと買取りの違い|得なのはどっち?

車を新しいものに買い替える時に、購入予定のディーラーなどに下取りをお願いして、前乗っていた車を手放す方法は一般的ですが、買取に出す方法もあり、現在では中古車買取店も増えてきています。それは買い取ってもらう人が増えてきたためで、下取りの出すことに比べたら、買取の方が高い値段で売ることが出来るからなのです。
下取りの場合は、必ずしも引き取った販売店がその車の次の使い道が決まっているとも限りません。再利用せずに処分されることもあります。これが買い取ってもらった場合でしたら、販売店は中古車として販売したり、他の需要に合わせて再利用が出来るため、買取の方が高い価格で設定されます。さらに高く買い取ってもらうにはインターネットの一括査定のサービスを利用して、価格の比較を行います。一括査定では一度に複数の買取業者から見積もりがもらえるので、一番高く買い取ってくれるところがすぐに分かります。

車 下取り|相場より高く売却する方法