車の下取りが買取相場より高く売却できない5つの理由とは?

車の買い替えなどの際にそれまで乗っていた車を下取りに出す方は多いですね。
しかし実はこの車の下取りというのは、相場より高く売却できない理由があります。
なぜ車の下取りの場合、買取相場より高く売却できないのか?
理由はいくつかあります。

 

1.他社メーカーだと下取り額が低くなりやすい
下取りに出す車がそのメーカー(ディーラー)の車でなかった場合、買取自体はしてもらえますが査定額は低くなりやすいです。
これは、外国の車の場合も当てはまります。
下取り額を高くしてもらうためには、よほど巧みな交渉技術を持ち合わせていないと難しいでしょう。

 

2.社外パーツや改造パーツがプラス査定されない
下取りの場合、社外パーツや改造パーツなど純正部品以外のパーツや部品、アクセサリーなどがほとんど査定額アップにつながりません。
買取の場合はニーズが多種多様で、そういったパーツ・部品をのどから手が出るほど欲しがる業者もいるので、逆に大きくプラス査定されるケースも少なくはありません。

 

3.不透明な取引になりがち
車を購入する際にそれまで乗っていた車を引き取ってもらうのが下取りです。
ほとんどの場合、購入金額から下取り価格を差し引くという形で精算されます。
その際に「購入する車の値引きに上乗せしますので・・」などと持ちかけられ、最終的に下取り額と値引き額が不透明な状態で取引が成立してしまう、という結果を招いてしまったりするのです。

 

4.多様な車種に対応できる高額販売ルートを持つ買取店
買取店は車の買取り売却を常に繰り返しているので、その販売ルートも多彩にあり、車種ごとに最適な販路を確保している場合が多いです。
例えば、海外で人気のある車種は海外の販売ルートへ、ドレスアップカーであればそういった車を欲しがる専門店へと流せるので、高額で捌くことができます。
ですので結果的に買取額も高く提示することができ、下取りよりも高い金額になりやすいというわけです。

 

5,買取は買取店同士の競合で値段がつりあがる
下取りの場合はディーラーと1対1の取引なので、ディーラー側からすればお客一人を独占状態で交渉できます。
ですのでディーラー有利の強気な金額を提示されることが考えられ、売る側からすると高く売却しにくくなってしまいます。
その点、買取店はこのような一括査定を利用することで、買取店同士を競合させることができます。
買取店同士が言ってみればオークションのような形で見積りを出し合うので、一社独占で取引をするよりもはるかに高く売却しやすくなります。

 

個人の見解も入る部分がありますが、以上が車の下取りが買取相場より高く売却できない5つの理由です。
下取りは値が付かないようなボロボロの車でも引き取ってくれたりするメリットもあります。
が、しかし、新たに購入する車の代金の足しにしようというのであれば、少しでも高く売ることが期待できる買取の方が圧倒的に有利といえるでしょう。

買取相場より高く売却するには?

ではどうすれば買取相場より高く売却することができるでしょうか?

 

結論から言いますと、下取りを行わず買取店に売ってしまった方が高く売却できるでしょう。

 

下取りで高く売却したいのであれば、しつこく下取り額の値上げ交渉をするぐらいしか方法が無いので、交渉に自信のあるという方は下取りでも良いかもしれません。

 

買取店に売る場合は車内清掃や傷のリペア、ステッカーの削除などももちろん大事ですが、やはり買取店選びが最も重要になってきます。

 

買取店選びはなるべくたくさんのお店の査定を受けて見積額を比較し、最も高いお店を選ぶのがベストです。

 

しかし、複数のお店とそれぞれ別個で接触するのは非常に面倒ですし効率が悪いです。

 

複数のお店の中から効率的に高価買取のお店を見つけたいのであれば、一括査定という無料で使える査定サービスを利用するのが間違いないでしょう。

 

一括査定は複数の買取店に同時に一括で査定をしてもらえる今人気の査定サービスです。

 

最も高い査定額を提示してきた買取店とのみ交渉を進めれば良いので余計な時間もかかりませんし、ムダな労力ゼロで高く売却することができます。

 

手続きはネット上で売却する車の情報を入力するだけなのでとても簡単。5分とかからずに完了します。

 

時間・手間・労力を掛けずになるべく高く売りたいという方にとって一括査定は最適な売却方法です。

 

一括査定はこちらのサイトでより詳しく解説されています。
車売るならどこがいい?車を高く売る方法【完全ガイド】